川越 美容室 美容院 ヘアサロン CHEERS for hair (チアーズ フォー ヘアー)

川越・本川越の美容室 CHEERS for hair

ダメージの原因 過酸化水素水 とは? 山野井誠ブログ更新です。

約 4 分

こんにちは😃

皆さんヘアカラーはした事ありますか?
今の時代殆どの方がカラーを体験した事があるのではないかと思います。

そんな中1番気になることはダメージでは無いでしょうかf^_^;?

今回は敢えてヘアカラーのダメージについて掘り下げたいと思います。

ヘアカラーについてはネット上でも色々な話が出ているとは思いますが、ダメージの原因として出てくる成分の代表的なものに 過酸化水素水(H2O2) というものがあります。

この過酸化水素水がヘアカラーのダメージの最も大きな原因の1つとなります。

過酸化水素水はヘアカラーには髪の色を脱色する目的で配合されていますが、私たちの身近な物にも含まれていて、例えば消毒液や、漂白剤、歯磨き粉といったものが挙げられます。

「えっ、過酸化水素水ってそんなに身近なものに使われているの?」

そんな風に思われた方もいらっしゃるでしょう。
実は過酸化水素水には強力な脱色効果と殺菌作用があるため、消毒液や漂白剤に配合されているのです。

便利な利用法としてはスイッチカバーやエアコンなどの黄ばんだプラスチックを元の色に戻すといった使い方もあります(о´∀`о)

意外なほど私たちの身近に溢れている過酸化水素水は、化学式「H2O2」、別名「過水」とも呼ばれる化合物です。

ちょっと詳しく説明すると過酸化水素水は不安定な成分で酸素を放出しやすく、強力な酸化力を持つヒドロキシラジカルを生成する力を持っており、さらに強い腐食性を持ち、濃度が高いものが皮膚に付着すれば痛みを伴い白斑が生じる恐ろしい成分でもあるのです。

そのため、過酸化水素は消防法第2条第7項および別表第一第6類2号により危険物第6類(酸化性液体)に指定されており、使い方を誤れば身体に悪影響を与えてしまう成分なのです!

ということは、この悪者過酸化水素水を除去してあげればカラーのダメージはかなり少なくるということになりますね(о´∀`о)

では残留した過酸化水素水はどうやって除去すれば良いのでしょう?

実はこの過酸化水素水、分子量がとっても小さく毛髪の内部まで一瞬で浸透してしまう為、普通のシャンプーでは落とせずホームケアでは絶対に除去出来ないんです!

よって髪の内部や頭皮にまで残留してしまいます。

更に残留過酸化水素水の危険性はそれだけではなく、タンパク質と結合の相性が良く為髪だけでなく、頭皮にも付着してなかなか離れてくれません( ´△`)

そして、残留過酸化水素水は皮脂を酸化して嫌な頭皮のニオイを出します。
カラー後に頭皮が臭うというのは過酸化水素水が髪のみならず頭皮にまで残っているという証拠です。

また、酸化された皮脂が臭うのは、過酸化脂質という
毒性の高い腐敗した皮脂になったという意味ですから、その過酸化脂質が毛穴から さらに毛乳頭付近まで
届くぐらい放置した場合は、じわじわと毛母細胞を
弱めていき、薄毛の原因にもなります。

更には細胞を傷付け、白毛の原因となるという研究結果も発表されているのです!

こんな厄介な残留過酸化水素水ですが、CHEERSでは カタラーゼ という酵素や炭酸泉、ヘマチンといった処理剤などを使って除去しています(о´∀`о)

過酸化水素水の除去に関してもネット上を含め、多くの意見がありますが、1つ言えることは上に書いたような薬剤を使わなければならない処理は一般家庭では絶対に出来ないということです。

写真④

ホームカラーのリスクを知った上で利用している方は多いと思いますが、ダメージや薄毛、白毛、皮膚の色素沈着などの気になる事がある方は、一度見直してみる事をお勧めします^ ^

CHEERSのメニューは技術だけではなく、今出来るであろう薬剤処理を科学的にも効果的にも突き詰めてお客様に提供する努力をしています^_^

不安を抱えている方はぜひお気軽にご相談下さい(о´∀`о)

ではまたぁ〜(^^)/~~~

ウェーブマスターの山野井でした👓

 


  

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA